たるみやすい部位や治療の主な方法を知ろう

たるみ改善をして若返る

しわやたるみが目立つようになってしまうと、老けた印象の顔になってしまいます。そんなたるみを改善して綺麗でワ若々しい外見を手に入れましょう。ヒアルロン酸注射がしわ取りやたるみ治療で有名ですがそれ以外にも治療方法はあります。まずは、たるみやすい部位を知り、それに合わせて治療方法を考えましょう。

たるみが目立ちやすい部位の代表的な5つ

頬(ほうれい線)

顔の中央に位置する鼻の横にできる大きなたるみです。一番目立つ場所といっても過言ではないでしょう。肌のハリが衰えてできるだけでなく、筋肉の衰えが原因でできてしまう場合もあります。

口角

口の両端から顎に向かって伸びるようなたるみは、マリオネットラインとも呼ばれます。ほうれい線とおなじように、頬の筋肉の衰えが原因となることが多いです。脂肪が下に流れてくることで目立つようになってしまいます。

目元

目の下の部分にたるみが出来ると老けているだけでなく、疲れているような印象を与えてしまうでしょう。ここのたるみは、周囲の筋肉が衰えて脂肪が下へと下がってしまうことが大きな原因です。皮膚が薄い部分なのでケアを行うときには注意が必要です。

額の部分のたるみは横に長く出来るという特徴があります。また、この部分や眉間の付近にはしわもできやすいです。縦と横のしわやたるみが同時に出ることもあるでしょう。筋肉の衰えはもちろん、頭皮の硬さや血行不良が額のたるみに繋がります。

顔を大きく見せてしまう原因の1つが、顎の下のたるみでしょう。顎の下は、脂肪が集まりやすいといわれている部分です。また、その部分の筋肉は生活をしていほとんど使う機会がありません。筋肉が衰えやすい場所であるとともに、むくみが原因になることもあります。

たるみの種類

レディ

ヒアルロン酸以外のたるみ治療

たるみを改善するのにヒアルロン酸と使う方法は手軽で人気があります。しかし、美容整形クリニックのように整形を行っているところでは、それ以外の方法もたくさんあるのです。例えば、たるみやしわの治療でよく使われるのがサーマクールです。

サーマクール

サーマクールというのは高周波を用いてたるみやしわを改善することができるものです。高周波は肌の奥深くまで発生させる熱エネルギーを届けることができます。その刺激によって肌のターンオーバーやコラーゲンの生成が促されるのです。

切らずに行える治療は他にもある

美容整形クリニックではサーマクールやヒアルロン酸以外にも切らずに行えるたるみ治療があります。例えば、脂肪溶解注射でたるんだ脂肪を溶かす方法や、糸でリフトアップする方法などがあります。

広告募集中